2011年03月25日

―笑顔の為に、僕らが出来ること―


掲載するコラムを書き終えた直後に起きた、今回の東北地方太平洋沖地震。
締切ギリギリのタイミングまで悩み、自分が伝えたい事は何だろう、と、
ずっとずっと、考えていた。
考え続けていたら、とっくに夜は明け、また、夜を迎えようとしていた。

そして今、自分の心の内に最も近い表現をすべく、書いています。

当日、声を震わせ、電話をしてきた友達がたくさんいる。
現地の知り合いと連絡が取れず、どうしていいのかわからない、と泣きながら電話をしてきた友達もいる。

私もあの日から、色々と考えて、考えれば考えるほど、胸が痛み、
いろんなことが悲しすぎて、涙が止まらず、知り合いの無事を確認するまで、生きている心地さえしなかった。

寒くて、怖くて、長い夜を過ごした数え切れない多くの方の事を思うと、
本当に胸が苦しくて、やりきれない気持ちでいっぱいになる。

各メディア以外に、Twitterが情報源としてとても活用されていて、
私もそこから状況を把握していたりしたのだけど、
いろんなRT(「再つぶやき」の意味)を見ている中で、
PLAY for JAPAN.のハッシュタグ。

“日本のために祈る”

そこには、世界中の多くの人が日本へ祈りを捧げてくれている姿があった。
初めは恐怖で溢れかえっていたTLが、お互いがお互いを支えあい、励ましあい、協力し合っている事を知った。
なんて美しいのだろう、と思った。
皆で手を取り合い、力を分け合っている事実が、そこには確かにあった。

『泣いている場合じゃない。』
『今の自分に何が出来る?』

ふと周りを見ると、同じように胸を痛めながらも、
「胸を痛めているのはひとりじゃない。
ひとりじゃないから何かできるかもしれない。
まずは、自分達に出来る事をしよう!」と、
募金や、寄付など動いている仲間たちがいた。

現在、福岡県内の多くの場所に、募金箱が設置され、
食料や、衣類の寄付が出来る場所が設けられています。
自分の音楽で励ましているアーティストもいます。

賛否両論。
偽善者やキレイ事だという人もいます。
でも、何も行動せずじっとしているなんて出来ない。
自分の声を届けたい、届くと信じたい。
その気持ちが、何よりも大事だと思います。

そして今回の事で、出来る事の一つとして、
一生懸命働き、日本経済を復活させていくこと。
これもとても大事だと思います。
日本は支援する国から、支援される国になり、これからさらに経済成長しなければならない。
お金がなければ復興は出来ないからです。

しっかり現実を受け止め、自分に出来ること、届くべき人に届く事を信じましょう。

そして、決して忘れてはいけないこと。

“一生懸命に生きること。”

私は今、改めて自分の幸せを噛み締めています。
愛すべき人たちがいて、愛してくれる人たちがいることに。
眠りにつける場所があり、目が覚めると、隣には守るべきものがあることに。
それもまた、まぎれもない真実。充分すぎるほどありがたい日々。
今日という日は一度しかありません。

今日も大事な人を大切に出来ていますか?
愛していると伝えられていますか?

言葉というのは、本当にとても難しく、
他人に確実に全てを伝えるという事は、不可能かもしれない。
難しいという表現すら、簡単すぎる気がする位に。

でも、だからこそ、信じたい。
言葉は人の心を癒す力につながることもある事を。

今回は私が思うことを、伝えたい相手に伝わるようにと願いを込めて書いた文章です。
今、誰よりも考えるべきは、現地で必死で闘っている方たちのこと。
これが私の想い。
現状に対して、疑問に思うことも不安に思うこともある。
でもまずは、私に、できることから。

皆、同じ一つの空の下。
大切なのは諦めない心。

私の笑顔が、誰かを笑顔に出来るのなら、私はどんな事も惜しまない。

強く、優しく、自分の足で、今日をしっかり生き、共に闘いましょう。

色んな情報が飛び交っているからこそ、落ち着いて、冷静な判断を。

私は今日も心で、手を繋いでいます。
一人なんかじゃないよ。

2011年3月11日。
絶対に忘れない。
posted by maya at 00:00| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。