2010年09月24日

maya's colum vol.09

「顔はチョーイケメンで、身長は170センチくらい!で、超、オシャレな人!」
「私は目が大きくて、スポーツできる人がタイプ!!」

なんて、放課後の教室で女友達とキャーキャー騒ぎながら、
好きな男のタイプについて話してた頃を、とても懐かしく思う。

あれから、10年の月日が経ち、気づけば23歳になっていた私は、
変わらず、女友達と恋愛話に華を咲かせている。

ただ、あの頃と違うのは、時に冷静に、そしてシビアに、ってこと。(笑)
週末の居酒屋で女友達の恋愛話を聞き終えたあと、女たちは個々に話し出す。

「とりあえず経済力と包容力。これがまず大事よね。」

「分かる。あと器がデカイこと!」

―何が違うかお気づきだろうか。

あきらかに違うのは、外見重視だった10年前から、内面重視になったこと。
そして、「好きなタイプ」から「必要条件」に変わったってこと。(笑)

10年という長い年月の間で、多くの人に出会い、多くの恋愛を経験した私達。
その度に、永遠を夢見て、沢山泣いて、でも一生懸命恋して、生きてきた。
でも、何度永遠を夢見ても、終わっていく恋を経験していくうちに、
あの頃と同じように“好きなタイプ”なんて可愛く、
ひとくくりには出来なくなってしまったのだ。(涙)

例えば、「超イケメンだったけど、薬物やっててマジ引いた。」
とか、「顔はタイプだったけど、マザコンだったし!ほんとF**K!」
そんな言葉を耳にする事が少なくないのだ。

じゃあ、私達が「条件」と呼んでしまうのは?
それはきっと、自分達が実際に出会い、惚れた、過去の恋愛に登場する男たちから学んだこと。

例えば、経済力が大事だという友達は、借金ばかりするダメ男に惚れた過去があったり、
包容力が大事だという友達は、浮気男に騙された経験アリ、というケースが多い。

つまり、 もうそんな奴には惚れないぜ!という気持ちから、出てしまうのが「条件」という訳なのだ。(そう考えると、今まで惚れた人に感謝さえ覚える事が出来る。(笑))

私達の遊び場の中心と言っても過言ではないCLUBでは、
朝方のナンパほど面倒なものはない。
そして、たいていの人はこのセリフを口にするのだ。
「ねぇ、どんな人がタイプなの?」

そう言われる度、私はこう、答えるようにしていた。
「好きなタイプじゃなくて、条件なら沢山あるけど、聞いてみる?」

すると、ほぼ100%の確立で、男はどこかに消えてくれるのだ。あざーす!!(笑)

別にその人が悪い訳じゃない。ナンパが悪い訳じゃない。

きっと、外見重視だった10年前から、内面重視になったことが、私の恋愛観を変えた。
10代の頃の私なら、「えー?かっこいい人が好きー黒ハート」と、言えたはずなのだ。

でも、いつからか、“ナンパ=チャラい=恋愛対象外”というサイクルが見事に出来上がってしまっていたのだ。
(とは言え、2年前出会った彼との出会いもCLUBだったから、一概には言えないのだけど。(笑))

だからこそ、出会ってすぐに外見だけで惚れるのは、とてもリスクを背負う気がしてならない。

出会いを求めて、外に出たはずなのに、
いざ、目の前にすると、好きになる事が怖くなる。
自分が傷つくんじゃないかと、不安に思ってしまうのだ。

そして、結局、早く幸せになりたいのに!と、焦ってしまう。
まさに、悪循環なのだ。

でも、そんな同世代が、いるのも、また、事実。
もちろん、賛否両論だから、皆がそうだなんてとても言えないけれど、私は思う。
昔より、恋愛に臆病になってしまっているのは、ほんと。
色んな男に出会い、色んな恋愛を経験してきたからこそ、臆病になってしまうって。

私自身、こんな性格だけど、
こんな性格だからこそ、
たった一度の浮気ですら許されないような真っ直ぐな愛に、憧れる。

そんなの無理だって、そうなのかもしれないけど、でも信じていたい。

「浮気くらいバレなきゃいいよ。」と言えるくらい大きなココロで相手を見る恋愛が増えている中でも、私はそんなのいらないって思う。
浮気なんて、男、女関係なくある事だし、そんな世の中だって事も、十分に理解してる。

でも、だからこそ、
私は、そういう数少ない恋愛にしか憧れない。一切妥協のない、愛がいい。

もしも、何よりも手に入りづらいのならなおさら、それだけが欲しいと思う。
その少ない可能性に賭けたい、と。

もちろん、私がそう思うのには、理由がある。

不思議な事に、本当にココロの底からこの人だ、と思えるような人と一緒になった時、「好きなタイプは?」と聞かれても、教室で騒いでたあの頃のように、また、笑って答える事が出来たからなのだ。

それはもちろん、大好きな彼こそが、唯一の“好きなタイプの男”だから。

並べる言葉は全部、彼の容姿や、性格を答えるから。
それを私は身をもって経験したのだ。

彼氏の愚痴や彼女の愚痴をこぼしてしまう人がいるけれど、私は絶対にそんな関係は作りたくない。

私が、
『私にはもったいないほど素敵な彼なの♪』

と答える向こうでは、彼も『俺にはもったいないほどイイ女だ』
と、言ってほしい。

時にぐちゃぐちゃに絡み合う恋愛だって、いたってシンプルだと思うから。
人を好きになる事を恐れるのはもったいない。

たとえ、いま条件で男を見てしまっていたとしても。
自分の愛する人が、自分にとって、好きなタイプの男にかわりないことは素敵なこと。

だから、私はいつだって、
好きな男に愛される為に、自分を磨いていきたい。
posted by maya at 19:00| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。