2011年06月25日

maya's colum vol.18

10代の頃、私は純粋に愛に飢えていたんじゃないかと思う。
当時の日記帳を見ると唖然とするほど、そこに並べられた文章は病んでいるうえに、
単純に、恋愛に不器用な自分がいる。(人は簡単に変われないってこういう事ね・・・。笑)

私がこの連載を始めたのは、約1年半前。
結婚を前提に付き合っていた人との別れを経験し、運命を直感した大恋愛の真っ最中だった。

「きっと私の欲しいものは全部ここにあるはず。」

その恋愛は私にとってキラキラと輝く宝箱のようなもの。だからこそ、大切に大切に守っていた。
だけれど、人生はそんなに上手くいくはずもなく、私の想いとは裏腹に大きな悲しみだけを残して終わりを告げた。私の胸は張り裂けた。

『ほんとの自分はボロボロに傷ついているのに、恋愛の楽しさや人を愛する喜びなんて書けない。』

〆切が近づいてもパソコンに向かう事さえ出来ず苦しみの渦中に溺れていた。
そんな私を救ってくれたのは、愛しき女友達。

「恋愛は楽しい事だけじゃないのも理解した上で書く事に意味があるんじゃない?私はmayaの文章に助けられたうちの一人だよ。」

その一言があったからこそ、今もこうして自分と向き合う事が出来てるし、
書き続けようと思えた私の支え。

私が出した答えは、私のように恋に悩んでいる人たちへ、「一人じゃないよ。」と想いを込め、
この連載をフィルターに伝えることだった。

恋愛に不器用な自分だからこそ、恋愛で悩む人の気持ちが痛いほど共感できる。
自身の経験をベースにし、これを読んで同じような状況にいる人の背中を、ほんの少しでも後押し出来れば、自分の経験が無駄ではなかったと思えるし、受け取ってくれた人の「ありがとう」から過去の自分が救われる気がするんだ。

恋愛に上手くいっていない人生を歩んできたからこそ、
自信を失って、一歩踏み出せずにいる人のきっかけ作りになれるかもしれない。

もちろん私には、「恋愛の効果的なテクニック」や、「モテの法則」のようなものを伝授出来るほどの力量は全くもって、ない。(笑)人生の先輩方からしたらまだ若いと言われる年齢だし、恋愛も人生も修行中の身。
今も10代の頃と変わらず、恋をする度に自分に自信がない為に言い訳をして恋愛に臆病になったりするし、不器用故に、もう涙は出ないんじゃないかという程に辛く、悲しい思いをする事も沢山ある。

でも、あの時友達が言ってくれた言葉が自分の中で大きな支えとなり、それが勇気となり、諦めずに努力できている。

私は多くの出逢いによって生きる知恵を学び、随所で実践し、経験を積む事で自信のなかった自分が少しずつ変わっていくのを実感しているのだ。

たかが23歳の私なんかに誰か一人の人生を変えるほどの力がないのは百も承知。
でも、過去の私が他でもない第三者の支えによって救ってもらえたように、
今を見失っている人の未来作りになれたら・・・そんなにも嬉しい事はないよ。


愛はキレイなだけのものじゃない事も分かってる。

でも、どうしても、愛を諦める事が出来ない。

その気持ちってきっと私だけじゃないでしょ?



*******

2011年6月現在、この連載は18回目を迎える。これまでの過程を通して、私は新たに気づき始めたことがある。
それは恋愛とは人生のアドバイスと言い換えても過言ではないという共通点。
そして、色んな相談や声を聴く中で、抱えている苦しみの形は微妙に異なっても、悩みの本質は近いものがある気がするということ。

恋愛の話とは、人間の一番素直で綺麗な部分や喜怒哀楽がもっとも端的に伝わってくるものだし、愛情の対象は、単に男女間だけでなく、生きとし生けるもの全てに当てはまる。恋愛が人と人とのコミュニケーションが基本となっている以上、人間関係特有の難しさは、生きて行く上で関わる多くの人間関係において共通するものがある。

自分を見失っている時や生きる気力が喪失している自分の根本には、どんなケースにおいてもそこに”愛”が欠けているからかもしれない。

恋愛=生きるエネルギーと言っても過言ではないと思う。

今後は、それも踏まえた上でコラムの趣旨も、人生において必ず直面する幾多の試練に立ち向かうためのメッセージも意識的に込めて書きたいと思ってる。
実際に体験した物語を書くことで、人生と恋愛に共通する何かを感じ取ってくれる人がいたら、嬉しい。

「大丈夫。苦しんでいるのは一人じゃないよ。私が応援してるよ。」

そんな私のメッセージがコラムを通してみなさんの心に響く事が私の願い。
哀しみの“今”に一筋の光が見いだせて、希望を導き出してくれたら私は心から幸せです。(これからも私の赤裸々な過去の体験談も綴られるかもしれないけどね!笑)


大切な誰かを想うから持てる強さと、誰かに想われているからこそ持てる強さ。
心で見つめ合い、人と向かいあう事を恐れない。
そんなPOWERを持つ同士たちに、私からのメッセージを送ります。
JUST ONE LOVE.
posted by maya at 00:00| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。